Webサービスの開発を行うに当たって、様々な開発環境が 考えられます。 僕の場合は、Windows環境からVMWare Playerを使い、 適当なLinux環境(debian etch)に接続して Webサービスの開発を行っています。

移動することが多いので、 VMWareのゲストOSとの接続方式は、NATを使っています。 そうすることで、ホストOSがどこに移動しても、 例えネットワークに接続されていなかったとしても、 いつも通りに開発を行うことができます。

然しながら、一つ難点があって、ホストOSのIPアドレス が変化したときなどに、VMWareのNAT Serviceを再起動する 必要があるのですが、WindowsのGUIからこれを行うのは なかなか面倒です。

そこで、バッチファイルを使って、簡単にVMWare NAT Serviceだけ 再起動する方法を紹介します。

restart_vmnat.bat

   1  net stop "VMWare NAT Service"
   2  net start "VMWare NAT Service"

このように、netコマンドを使って"VMWare NAT Service" を再起動しています。

posted by Png genki on Wed 13 Feb 2008 at 01:26 with 1 comment

Comments:

Png 瀧内元気 over 14 years ago.

Windows Vistaで使用する場合は、batファイルのショートカットを作成し、ショートカットの詳細設定から、管理者として実行するようにしておくと便利かもしれません。

or Preview
Social Bookmarks
  • Delicious
  • B_entry348
  • Clip_16_12_w
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ