一人で長距離を走るのが暇なので、 走っている間に会話ができる仲間を求めてはじめた MerbJog ですが、 勉強会系イベントの手法として優れた特性を持っている事が分かったので 開催する上でのポイントなどをまとめておきます。

特長

  • 会場スペースの制約が無く、参加人数に制限がいらない
  • 1〜2時間程度と、短時間で終わる
  • 仕切り、準備、後片付けなどがほとんど不要
  • 話した内容とは無関係に、走り終わったあとに満足感がある
  • フォーメーション的に中心人物ができにくいので、全員が比較的フラットに話題に参加できる
  • 体力の許す限り話したい人のそばに移動できる
  • 二次会をしないので安上がり
  • 健康的

短所

  • ググれないので脳に入ってる情報だけがたより
  • ホワイトボード、PCなどが無いので言葉だけで説明する必要がある
  • 悪天候時には中止・延期せざるをえない
  • 体力が無い人は参加できない
  • 参加者と遭遇できない場合がある

開催上のポイント

  • 皇居などの信号が少なく、5〜10kmぐらいのコースが良い
  • 遭遇できなくても泣かない。たまには一人で走るのもよし
  • 遭遇率を高めるために、主催者は携帯を持っていく
    • 携帯はランニングポーチに入れておくと気にならなくて良い
  • 筋肉の疲労が抜けるまで、なか2日程度あけた方が良い

See Also

posted by Png genki on Mon 13 Apr 2009 at 14:05 with 1 comment

DataMapper用のDataStore用アダプタ、dm-datastore-adapterを作りました。

これを使えば、MerbアプリをほぼそのままGoogle App Engine for Javaの上で動かせるようになります。 (実際にはgemの依存関係など、細かい調整が必要になりますが)

実際に以下のサイトでdm-datastore-adapterを使っています。

ローカル環境でも別なアダプタを利用すれば、普通のMerbアプリとして動作テストできるので、開発効率が飛躍的に向上します。

posted by Png genki on Mon 13 Apr 2009 at 05:42
Contents
勉強Jogのすすめ
dm-datastore-adapterを作りました
Comments
dsjf: https://gist.github.com/6bf1bf2c3cbb5eb6e7a7 これ... '13-1
瀧内元気: おお、チェックしてみます。thx! '11-12
overisland: Reeder for iPhone もこの UI を実装していますね。 '11-12
瀧内元気: その情報は見たのですが、以下のサイトによると、現在はまた必要になってるっぽいんですよね。 ... '11-12
tkawa: http://devcenter.heroku.com/articles/rails31_he... '11-12
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ