javascript_include_tagstylesheets_link_tag:cache => trueオプションは、複数のassetsファイルを ひとつのファイルにまとめる事で、サーバへのリクエスト 数を減らすことができる機能です。

何度か実験してみたところ、生成されたキャッシュファイルを 削除して更新するためには、単純にファイルを削除するだけ ではだめで、APサーバのプロセスを再起動する必要があるようです。

このためには、./script/process/reaper -a graceful を使う必要があります。タイプするのが面倒なので、 Rakeタスクを作ってみました。

lib/tasks/cache.rake

   1  namespace :tmp do
   2    namespace :cache do
   3      desc 'Delete cached asset files'
   4      task :update do
   5        patterns = [
   6          'public/stylesheets/cached_*.css',
   7          'public/javascripts/cached_*.js']
   8        Dir.glob(patterns).each do |path|
   9          rm_rf path
  10          puts "deleted: #{path}"
  11        end
  12        `./script/process/reaper -a graceful 2>&1 > /dev/null`
  13        puts "script/process/reaper -a graceful"
  14      end
  15    end
  16  end

生成されるキャッシュファイルの名前を :cache => "cached_#{controller.controller_name}" と指定しているため、こんな感じになります。 デフォルトでは、all.cssall.jsとなりますので 適宜読みかえてください。

posted by Png genki on Sat 12 Jan 2008 at 23:17
Contents
キャッシュされたcssやjsを更新する手順
Comments
dsjf: https://gist.github.com/6bf1bf2c3cbb5eb6e7a7 これ... '13-1
瀧内元気: おお、チェックしてみます。thx! '11-12
overisland: Reeder for iPhone もこの UI を実装していますね。 '11-12
瀧内元気: その情報は見たのですが、以下のサイトによると、現在はまた必要になってるっぽいんですよね。 ... '11-12
tkawa: http://devcenter.heroku.com/articles/rails31_he... '11-12
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ