• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

gem push によって、 gem の公開が大変簡単になりました。 しかし、敷居の低さは油断に繋がるもので、 近い将来、誰もが一度は秘匿性のあるファイルを誤って公開してしまい、 パニックになることでしょう。

今回、皆さんを出し抜く形になってしまい甚だ恐縮ではございますが、 一足先に体験させて頂きましたので、 その対処法を報告致します。

手順

  1. gem yank
  2. support staff への報告

1. gem yank

gem の新機能である yank コマンドを利用すると、 指定したバージョンの gem の公開を停止することができます。 例えば、foo-0.0.1 gem の場合、以下を実行します。

   1  % gem yank foo -v0.0.1 

この機能は rubygems1.3.6 にはまだ含まれて居ませんので、 "Unknown command yank" と言われた場合には、 以下のコマンドで gem を最新のものにアップグレードする必要があります。(1.3.7以降で、gemcutterも0.5.1以降であれば不要なはずです)

   1  gem update --system
   2  gem install gemcutter

2. support staff への報告

これで、gemcutter の index からは削除され、 gem search および install の対象からは除外されたのですが、 ホームページ上からは依然としてダウンロードが可能な状態になっています。 完全に削除しない理由は、

  • その gem に依存関係を持つ gem が存在し得る
  • 重要な gem (例えば rails) が突然なくなると困る

というポリシーからのようです。 でも、 「パスワードみたいに本当に致命的な場合は、 個別に判断するのでとりあえず連絡下さい」 という方針のようなので、 以下の問い合わせフォームから削除を嘆願します。

http://help.rubygems.org/discussion/new

これは基本的に公開BTSなので、下のほうにある

[x] This is a private discussion, don't let the public see

を忘れずにチェックして、private なメッセージにして投稿しましょう。 これで数日中には完全に削除されるはずですので、 support staff に感謝の気持ちを伝えて作業完了です。

[おまけ] unyank

yank を取り消す(undo)機能も存在しています。

   1  % gem yank foo -v0.0.1 --undo

この yank / undo の一連の操作を覚えておくと、 「もしかしてセキュリティーホールがある?」 「新バージョンでエンバグしてる?」 なんて時には速攻で yank して、 「やっぱ気のせい」 という場合は undo で戻せるので、とても便利です。

参考

Removing a published RubyGem

posted by Png maiha on Fri 16 Apr 2010 at 19:06 with 1 comment

Comments:

Png maiha about 7 years ago.

追記)対応は約1営業日でした。チームの忙しさに応じて変動するとは思いますが、大体の目安情報ということで。公開を完全に停止させる事ができるという知見は得ましたが、機械的に自動化されている訳ではないので、削除依頼をする羽目にならないように、gem を push するときには再確認しましょうという教訓でした。

or Preview
Social Bookmarks
  • Delicious
  • B_entry1755
  • Clip_16_12_w
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ