• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

諸々の事情があり、最近Windowsを使うはめになってるのですが、TeX環境がまったくインストールされていなかったので、環境整備しています。

そこで、せっかくなので OMakeを使って継続ビルド をしたいと思います。

Windowsを良く使ってる人の参考になれば。この時期は卒論頑張ってる人が多いと思うので。

(Windowsを普段あまり使わない僕がいうのもなんですが・・・)

参考

身長が5cm伸びて、念願の170cm超えです!

用意するもの

手順

インストールする

The OMake build systemからダウンロードしてきたインストーラを使ってインストールします。

何も考えずにOKとかNextみたいなボタンをクリックすれば大丈夫です。

使ってみる

上に挙げた hayamizさんの記事の手順そのまま実行していきます。

OMakefileとOmakerootの作成

まず、コマンドプロンプトを開いて、作業ディレクトリで omake --install とします。

   1  C:\・・・\作業ディレクトリ>omake --install
   2  *** omake: creating OMakeroot
   3  *** omake: creating OMakefile
   4  *** omake: project files OMakefile and OMakeroot have been installed
   5  *** omake: you should edit these files before continuing
これで、OMakefileとOMakerootが作業ディレクトリに作成されます。

OMakefileの編集

ファイルの内容を消して、まるまるコピペしてください。

   1  LATEX = platex
   2  
   3  LaTeXDocument(main, main)
   4  
   5  .DEFAULT: main.dvi

これで、TeXファイルを保存するたびに、ビルドされ、DVIファイルが作成されます。

ついでにPDFも作成したいときは、

   1  LATEX = platex
   2  DVIPDFM = dvipdfmx
   3  
   4  LaTeXDocument(main, main)
   5  
   6  .DEFAULT: main.pdf main.dvi
としてください。

OMake起動!

コマンドプロンプトで omake コマンドを実行します。

   1  C:\・・・\作業ディレクトリ>omake -P --verbose
   2  *** omake: reading OMakefiles
   3  --- Checking for latex... (found c:\usr\local\bin\latex.exe)
   4  --- Checking for uname... (found c:\Program Files\Git\bin\uname.exe)
   5  --- Checking LaTeX capabilities... (tetex2 mode enabled)
   6  *** omake: finished reading OMakefiles (4.14 sec)
   7  - scan . scan-latex-main.tex
   8  + <compute 1 value dependencies>
   9  - scan . scan-latex-main.tex
  10  + Shell.echo()
  11       | Shell.run-latex(stdout-to-stderr platex -file-line-error '-output-comment
  12  =LaTeX Output (built with OMake)' -recorder main.tex)
  13  This is pTeXk, Version 3.141592-p3.1.4 (sjis) (Web2C 7.5.3)
  14  
  15   ・
  16   ・
  17   ・
  18  

起動すれば、あとはTeXファイルを編集し、保存するだけです。

これで、編集→保存→ビルド→編集→保存→ビルド→・・・というわずらわしいビルドの手間が省けます。

ちなみに・・・

   1  --- Checking for uname... (found c:\Program Files\Git\bin\uname.exe)
とか出ているので、もしかしたら、 uname.exe が必要なのかもしれません。 僕の環境では、Gitをインストールしたついでに入っていたみたいです。

これは、ついでにバージョン管理もしろってことですね!

まとめ

  • OMakeすばらしい!
  • Linuxと違って、Windowsはインストールがめんどくさい
  • 複数ファイルのときのビルドは、今後の課題
posted by Png y_tsuda on Thu 15 Jan 2009 at 14:21 with 1 comment

Comments:

Face Aleksey over 6 years ago.

The uname check is only due to a somewhat sloppy test for whether you are trying to use Cygwin version of LaTeX under Win32 OMake (that is know to tend to crash):

    LATEX_USABLE = $(CheckProg latex)
    if $(and $(LATEX_USABLE), $(not $(FORCE_WIN32_LATEX)), $(equal $(OSTYPE), Win32), $(CheckProg uname))
       match($(shell uname))
       case CYGWIN
          ConfMsgWarn($"""   You seem to be trying to use Cygwin LaTeX on a Win32 machine.
   This usually doesn't work, but if you really want to
   use it, add the following definition to your OMakeroot.
       FORCE_WIN32_LATEX = true
(latex disabled)""")
          LATEX_USABLE = false
          export
       export
or Preview
Social Bookmarks
  • Delicious
  • B_entry1219
  • Clip_16_12_w
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ