• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

しばらく前から安定性が悪くなってきたのですが、ここに来て頻繁にPassengerのプロセスが暴走するようになってきました。

  • ruby 1.8.7 (2009-04-08 patchlevel 160) [i686-linux]
  • Passengerのバージョンは2.2.8
  • Rails 2.3.5

プログラムやシステム構成はここしばらくほとんど変えておらず、トラフィックも大きな変動はないので、うわさのEC2のサービス劣化の影響でしょうか。

posted by Png genki on Thu 25 Feb 2010 at 02:11

Formulaを使って数式の画像を生成するときに、数式のサイズを指定する場合、以下のようにするとうまくいきます。

   1  \mbox{\Huge $\displaystyle
   2  I_j=\int_\Omega f_j(\bar{x})\,d\mu(\bar{x})
   3  $}

出力結果は以下の通り。

posted by Png genki on Fri 19 Feb 2010 at 20:39

CUresultの値一覧表です。

   1  CUDA_SUCCESS                = 0,    ///< No errors
   2  CUDA_ERROR_INVALID_VALUE    = 1,    ///< Invalid value
   3  CUDA_ERROR_OUT_OF_MEMORY    = 2,    ///< Out of memory    
   4  CUDA_ERROR_NOT_INITIALIZED  = 3,    ///< Driver not initialized
   5  CUDA_ERROR_DEINITIALIZED    = 4,    ///< Driver deinitialized
   6  
   7  CUDA_ERROR_NO_DEVICE        = 100,  ///< No CUDA-capable device available
   8  CUDA_ERROR_INVALID_DEVICE   = 101,  ///< Invalid device
   9  CUDA_ERROR_INVALID_IMAGE    = 200,  ///< Invalid kernel image
  10  CUDA_ERROR_INVALID_CONTEXT  = 201,  ///< Invalid context
  11  CUDA_ERROR_CONTEXT_ALREADY_CURRENT = 202,   ///< Context already current
  12  CUDA_ERROR_MAP_FAILED       = 205,  ///< Map failed
  13  CUDA_ERROR_UNMAP_FAILED     = 206,  ///< Unmap failed
  14  CUDA_ERROR_ARRAY_IS_MAPPED  = 207,  ///< Array is mapped
  15  CUDA_ERROR_ALREADY_MAPPED   = 208,  ///< Already mapped
  16  CUDA_ERROR_NO_BINARY_FOR_GPU = 209, ///< No binary for GPU
  17  CUDA_ERROR_ALREADY_ACQUIRED = 210,  ///< Already acquired
  18  CUDA_ERROR_NOT_MAPPED       = 211,  ///< Not mapped
  19  CUDA_ERROR_INVALID_SOURCE   = 300,  ///< Invalid source
  20  CUDA_ERROR_FILE_NOT_FOUND   = 301,  ///< File not found
  21  
  22  CUDA_ERROR_INVALID_HANDLE   = 400,  ///< Invalid handle
  23  
  24  CUDA_ERROR_NOT_FOUND        = 500,  ///< Not found
  25  
  26  CUDA_ERROR_NOT_READY        = 600,  ///< CUDA not ready
  27  
  28  CUDA_ERROR_LAUNCH_FAILED    = 700,  ///< Launch failed
  29  CUDA_ERROR_LAUNCH_OUT_OF_RESOURCES = 701, ///< Launch exceeded resources
  30  CUDA_ERROR_LAUNCH_TIMEOUT   = 702,  ///< Launch exceeded timeout
  31  CUDA_ERROR_LAUNCH_INCOMPATIBLE_TEXTURING = 703, ///< Launch with incompatible texturing
  32  
  33  CUDA_ERROR_UNKNOWN          = 999   ///< Unknown error

posted by Png genki on Sun 7 Feb 2010 at 22:10

Linux環境でNVIDIAのCUDA/OpenCLを使う場合、以下のような環境変数の設定に注意する必要がある。

   1  NV_COMPUTE_SDK_PATH="/path/to/NVIDIA_GPU_Computing_SDK"
   2  SDK_INSTALL_PATH="/path/to/NVIDIA_GPU_Computing_SDK/C"

posted by Png genki on Sun 7 Feb 2010 at 09:14

まだリリースされて間もないせいか、 NVIDIAのOpenCL SDKを使っていると不可解なエラーに遭遇します。 掲題のようなエラーメッセージを出すのもその一例ですが、 以下のようなコード(一部抜粋)でエラーがでます。

   1      float4 x = sphere->c;
   2      dg->t = x.x;

しかし以下のように記述すると大丈夫です。

   1      float x = sphere->c.x;
   2      dg->t = x;

OpenCLコンパイラが生成したptxコードの中に'selp'というのが入るような場合に問題が発生するようです。

NVIDIAのOpenCL SDKの場合、*.clファイルをCLコンパイラがコンパイルして、ptxという中間言語に変換します。さらに、ptxをptxparse(PLANGというパッケージの一部らしい)が解析してllvmのbcに変換します。 このケースでは、CLコンパイラが吐き出すコードと、ptxparse側の認識が一致していない感じです。 とりあえず、バグが直るまでコンパイラの気持ちになって回避するしかありません。

posted by Png genki on Mon 1 Feb 2010 at 13:26 with 1 comment

NVidiaのOpenCL SDKには、少なくともkernel moduleとdriver component の二つの要素があるらしい。

   1  Error: API mismatch: the NVIDIA kernel module has version 190.18,
   2  but this NVIDIA driver component has version 185.18.08.  Please make
   3  sure that the kernel module and all NVIDIA driver components
   4  have the same version.

たまにこんなエラーメッセージが出てきます。

kernel moduleというのはバージョン番号とファイル名の一致からすると

   1  /usr/lib64/libcuda.so.190.18

このへんのファイルらしい(Linux版) driver componentというのはどこにある何を指しているのかが不明。

posted by Png genki on Mon 1 Feb 2010 at 05:23
Contents
Apache2+Passengerの調子が悪い
Formulaで数式のサイズを指定する方法
CUDAのエラーコード
NVIDIA CUDA/OpenCL 設定メモ
Arguments mismatch for instruction 'selp'
[OpenCL] Error: API mismatch
Comments
dsjf: https://gist.github.com/6bf1bf2c3cbb5eb6e7a7 これ... '13-1
瀧内元気: おお、チェックしてみます。thx! '11-12
overisland: Reeder for iPhone もこの UI を実装していますね。 '11-12
瀧内元気: その情報は見たのですが、以下のサイトによると、現在はまた必要になってるっぽいんですよね。 ... '11-12
tkawa: http://devcenter.heroku.com/articles/rails31_he... '11-12
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ