UL/LIタグを使ってリストを表示するときに、 コレクションが空の場合はULタグを表示したくない場合というのが頻繁にあります。

   1  <% if @posts.present? %>
   2  <ul>
   3    <% @posts.each do |post| %>
   4    <li><%= h(@post.body) %></li>
   5    <% end %>
   6  </ul>
   7  <% end %>

そういう時は、だいたいこんな感じにコードを書きます。 しかし、条件が複雑になってきたり、複数のコレクションを考えなければ行けない場合に、きれいに記述出来なくなってきます。 そんな時は、以下のようなヘルパを使って、分岐条件を遅延評価するようにすると、処理が簡潔になります。

   1  module ApplicationHelper
   2    def delayed_if(&block)
   3      flag = Object.new
   4      def flag.set; @value = true end
   5      def flag.reset; @value = false end
   6      result = capture(&proc{block.call(flag)})
   7      concat(result) if flag.instance_variable_get(:@value)
   8    end

利用法

   1  <% delayed_if do |flag| %>
   2  <ul>
   3    <% @posts.each do |post| %>
   4    <li><%= h(@post.body) %></li>
   5    <% flag.set %>
   6    <% end %>
   7  </ul>
   8  <% end %>

flag.setがよばれた時だけ、delayed_ifのブロックが表示されます。 この例だと単純すぎてあまり恩恵が分かりにくいですが、 複数のコレクションを一つのULで表示する場合などでも簡潔に記述出来るようになります。

posted by Png genki on Sat 21 Mar 2009 at 22:45

リソースを新規に作成する場合に、既存のものを再利用して作成したい場合は良くあると思います。 そんな時は、newアクションで:idを受け取れるようにして、 以下のようにすると、簡単に実現出来ます。

   1    def new
   2      @post = Post.new
   3      @post.attributes = Post.find(params[:id]).attributes if params[:id]
   4      @posts = Post.for_user(current_user).all
   5    end

そしてposts/new.html.erbの中で

   1  <% if @posts.present? %>
   2  <form action=<%= new_post_path %> method="GET">
   3    <%= select_tag :id, options_for_select(@posts.map{|i| [i.title, i.id]}) %>
   4    <%= submit_tag '読み込む' %>
   5  </form>
   6  <% end %>

こんな感じに、テンプレートの読み込みフォームを作ります。 これで完了です。 Ajaxで posts/new/1 のようなURLにGETで遷移するようにした方が格好がいいかもしれません。

newアクションが:idで指定したリソースをテンプレートとして利用して新規にリソースを作成するというのは、標準的な挙動になっても良い気がします。

posted by Png genki on Sat 21 Mar 2009 at 13:47
Contents
遅延条件ブロックで複雑な条件節を簡潔にする
既存のリソースを再利用して新規作成する
Comments
dsjf: https://gist.github.com/6bf1bf2c3cbb5eb6e7a7 これ... '13-1
瀧内元気: おお、チェックしてみます。thx! '11-12
overisland: Reeder for iPhone もこの UI を実装していますね。 '11-12
瀧内元気: その情報は見たのですが、以下のサイトによると、現在はまた必要になってるっぽいんですよね。 ... '11-12
tkawa: http://devcenter.heroku.com/articles/rails31_he... '11-12
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ