テストのC0カバレッジを上げるために、 何度もrcovを手で実行していたのですが、 テストの数が多くなってくると非常に時間がかかって面倒なため、 自動化するRakeタスクを作りました。

   1  namespace :rcov do
   2    desc 'Automate rcov'
   3    task :auto do
   4      interval = (ENV['INTERVAL'] || 10).to_f
   5      org_path = File.join(RAILS_ROOT, 'coverage', '*')
   6      pub_path = File.join(RAILS_ROOT, 'public', 'coverage')
   7      sh "mkdir -p #{pub_path}"
   8      loop do
   9        Rake::Task['spec:rcov'].execute nil
  10        sh "cp -Rf #{org_path} #{pub_path}"
  11        sleep interval
  12      end
  13    end
  14  end

使い方はRAILS_ROOTで以下のコマンドを実行するだけです。

   1  % rake rcov:auto INTERVAL=10

指定した時間間隔(秒)ごとにspec:rcovを実行します。 実行した結果はRSpecのデフォルトでは RAILS_ROOT/coverageに出力されるので、これを public/coverageに上書きコピーしています。 あとは、ブラウザで/coverageを見ればOKです。

public/coverageは間違ってデプロイしないように.gitignoresvn:ignoreに登録しておきましょう。

posted by Png genki on Sat 5 Jul 2008 at 03:43

メソッドやProcの内部で継続(Continuation)を実行した後に、 そのメソッドの戻り値がどうなるのか理解があやふやだったので実験。

前準備。

   1  a = nil
   2  foo = proc{callcc{|a|}; 1}
   3  bar = proc{foo.call; 2}
   4  baz = proc{a.call; 3}

実験開始。

   1  >> foo.call
   2  => 1
   3  >> baz.call
   4  => 1
   5  >> bar.call
   6  => 2
   7  >> baz.call
   8  => 2

なるほど。

posted by Png genki on Fri 4 Jul 2008 at 18:57
Contents
RCovを自動実行させる rake rcov:auto
継続を実行した後のメソッドやProcの戻り値に関するメモ
Comments
dsjf: https://gist.github.com/6bf1bf2c3cbb5eb6e7a7 これ... '13-1
瀧内元気: おお、チェックしてみます。thx! '11-12
overisland: Reeder for iPhone もこの UI を実装していますね。 '11-12
瀧内元気: その情報は見たのですが、以下のサイトによると、現在はまた必要になってるっぽいんですよね。 ... '11-12
tkawa: http://devcenter.heroku.com/articles/rails31_he... '11-12
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ