ちょっと必要に駆られて、 Wormhole というライブラリを書きました。

350px-Worm3.jpg

インストールはGitHubから行えます。

   1  sudo gem sources -a http://gems.github.com
   2  sudo gem install genki-wormhole

メソッドの内部を実行中に、呼び出し元に一旦処理を戻し、 中断した場所から処理を継続する機能を提供します。

例えば、以下のようなプログラムに対して、

   1  require 'rubygems'
   2  require 'wormhole'
   3  
   4  def foo
   5    puts "foo"
   6    Wormhole.throw :foo => 'hello' do |data|
   7      puts data[:foo]
   8    end
   9    puts "bar"
  10  end
  11  
  12  Wormhole.catch do
  13    foo
  14  end.return do |data|
  15    puts data[:foo]
  16    data[:foo] = 'world!'
  17  end

結果として、以下のような出力を得ます。

   1  foo
   2  hello
   3  world!
   4  bar

処理を中断したいところで Wormhole.throw を呼び出して、 外側から Wormhole.catch で受け止めます。 catchが完了したら、Wormholeオブジェクトが返るので、 returnで中断箇所に戻ります。 Wormhole.throw はHashを受け渡すことができます(省略可能)。 また、catchブロックとreturnは上記の例のように続けて記述します。 catchの戻り値を適当な変数に代入して、後でreturn を呼び出すことも可能ですが、その場合、catchを抜けた直後から returnを呼ぶまでの区間が二度実行されてしまいます (この辺が最初に例外を使って実装してた理由ですね)

中断箇所から処理を再開するために callcc を使っています。 callccは面白いですね。

更新履歴

  • 2008/7/4 例外処理をやめてthrow/catchを使うようにしました。それにあわせて本文を修正しました。
posted by Png genki on Thu 3 Jul 2008 at 20:06 with 5 comments

以前笹田さんに、procのソースが見たいとお願いしてみたことがあったのですが、 それをRubyコードレベルで実現するライブラリを見つけたので紹介します。

proc_source.rb

I wrote this a while ago and it works by extracting a proc's origin file name and line number from its .inspect string and using the source code (which usually does not have to be read from disc) -- it works with procs generated in IRB, eval() calls and regular files. It does not work from ruby -e and stuff like "foo".instance_eval "lambda {}".source probably doesn't work either.

オリジナルはメールの添付ファイルとしてくっついているので、ソースを見たい場合は こちらから見るといいかもしれません。

使い方はこんな感じです、

   1  code = proc{puts "Hello World"}
   2  puts code.source #=> puts "Hello World"

これは久々に面白いものを見た気がします。

posted by Png genki on Thu 3 Jul 2008 at 13:43
Contents
Wormhole: An example of use for callcc
Procのソースを取り出すライブラリ:proc_source.rb
Comments
dsjf: https://gist.github.com/6bf1bf2c3cbb5eb6e7a7 これ... '13-1
瀧内元気: おお、チェックしてみます。thx! '11-12
overisland: Reeder for iPhone もこの UI を実装していますね。 '11-12
瀧内元気: その情報は見たのですが、以下のサイトによると、現在はまた必要になってるっぽいんですよね。 ... '11-12
tkawa: http://devcenter.heroku.com/articles/rails31_he... '11-12
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ