続いては、作表の仕方を紹介します。 このブログシステムは、BlueStoleを参考にして作った作表機能があります。

BlueStole - BlueCloth Wrapper

Ruby の Markdown ライブラリ、 BlueCloth に幾つかの機能を付け足した私家拡張版です。

こんな感じに RTtool を使った作表を行うことが出来ます。

Rendering Algorithm
WhatWhoWhen
Ray TracingWhitted1980
Path TracingKajiya1986
Photon MappingJensen1995
Metropolis Light TransportVeach1997

ソースはこんな感じです。

   1  |caption=Rendering Algorithm
   2  |
   3  |What                      , Who    , When
   4  |
   5  |Ray Tracing               , Whitted, 1980
   6  |Path Tracing              , Kajiya , 1986
   7  |Photon Mapping            , Jensen , 1995
   8  |Metropolis Light Transport, Veach  , 1997

Rttoolを使っているので、以下のようにちょっと複雑な表も作成可能です。

AlphaBravo
CharlieEcho
Delta

ソースはこんな感じです。

   1  |Alpha,==,Bravo
   2  |Charlie,Echo,||
   3  |||,Delta,==

また、このようにCaptionとHeader部分は省略可能です。

posted by Png genki on Tue 29 Jul 2008 at 08:40
Contents
s21gブログの使い方(2)
Comments
dsjf: https://gist.github.com/6bf1bf2c3cbb5eb6e7a7 これ... '13-1
瀧内元気: おお、チェックしてみます。thx! '11-12
overisland: Reeder for iPhone もこの UI を実装していますね。 '11-12
瀧内元気: その情報は見たのですが、以下のサイトによると、現在はまた必要になってるっぽいんですよね。 ... '11-12
tkawa: http://devcenter.heroku.com/articles/rails31_he... '11-12
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ