Rails-2.0以降に追加されたmigrationの記法についてまとめておきます。

  1. t.<data_type> という書き方が可能になった。 t.string :foo, :bar, :baz のように併記もOK
  2. t.timestamps created_at, updated_atを追加
  3. t.references :foofoo_id を追加。:polymorphic => true オプションをつけると、foo_typeカラムも追加される。
posted by Png genki on Tue 17 Jun 2008 at 11:18
Contents
Rails-2.0から追加されたmigrationの記法
Comments
dsjf: https://gist.github.com/6bf1bf2c3cbb5eb6e7a7 これ... '13-1
瀧内元気: おお、チェックしてみます。thx! '11-12
overisland: Reeder for iPhone もこの UI を実装していますね。 '11-12
瀧内元気: その情報は見たのですが、以下のサイトによると、現在はまた必要になってるっぽいんですよね。 ... '11-12
tkawa: http://devcenter.heroku.com/articles/rails31_he... '11-12
Services from s21g
twpro(ツイプロ)
Twitterプロフィールを快適検索
地価2009
土地の値段を調べてみよう
MyRestaurant
自分だけのレストラン手帳
Formula
ブログに数式を埋め込める数式コミュニティ